部活・ラクロス

大学でラクロスを始める3つのメリット

 

 皆さんは、タイトルにもある「ラクロス」というスポーツをご存知でしょうか?日本人のうちラクロスを知っているという人はあまり多くないのではないでしょうか。

 それもそのはず、日本のラクロスの競技人口はおよそ2万5千人といわれていて、野球やサッカーなどのスポーツに比べてかなりマイナーといわざるを得ない状態です。

 さらに、ラクロス(男子)は大学で始める人がほとんどで、「小さい頃からラクロスやってました!」という人はほぼいません!(女子は高校の部活でやっている方もそこそこいるそうです)

 そんなマイナーなラクロスですが、実は大学で始めることに様々なメリットがあることを知っていますか?

スポンサーリンク

 今回はラクロスというマイナーだけど、いやむしろマイナーだからこそ輝くスポーツをするメリットを3点お話しします!

 ①ほかの競技に比べるとユースや日本代表に選ばれやすい!

 まさにマイナー競技ならではというメリットでしょう!男子ラクロスの場合、初めてクロス(ラクロスでボールを投げるのに使う道具)にふれるのは大学に入った時という人がほとんどです。

 例えば、競技人口が最も多い関東圏でもラクロス部に入部する1年生はせいぜい1000人程度。日本全国でも5000人はいないのではと思います。

 野球、サッカー、テニス、バスケなど、ほかの競技は小中高で経験している人数が多く、大学で新しく始めようとする人にとってかなりのハンデがあるように思われます。

 また、経験者であったとしても大学入学の時点ではレベルにかなり隔たりがあるのではないでしょうか?

 甲子園出場校出身者が六大学等で活躍している一方、一般のレベルの高校出身者はそうした怪物軍団と技術的にも設備的にも不利な状況で戦っていかなければならない、ということです。

 それに比べ、ラクロスは大学に入った時点ではみんながほぼ横並びの状態からスタートできます!

 最初から怪物がいるわけではなく、なんなら練習次第では、高校時代あまり輝かしい成績を残さなかった人がラクロス界の怪物に名乗りを上げることもままあることなのです!

 私も1年生の時にユースに選ばれ、練習会に参加していた時期もありました。

 自分ではただがむしゃらにプレーしていただけに、何をもって代表に選ばれるのかわからないのもラクロスの魅力の一つかと思います(笑)

 ②ラクロスを通して様々な人とつながりを持てる!
 1年生は、ラクロスを始めた直後に「フレッシュマンキャンプ」という行事に参加します。これは、例えば関東ならば関東中の大学の新入生を集めた合同練習会のことです。

 ラクロスの上手なコーチを迎えて一緒に練習することで、技術もうまくなるし他大学の人とも知り合えるので一石二鳥のイベントです!

スポンサーリンク

 これ以外にもユース活動や合同練習、審判活動なども活発に行っているので、ラクロスは同じ大学生と知り合う機会がとても多いのが特徴です。

 ラクロスに携わっているのは学生だけではありません。これまでに大学でラクロスを始め、そのまま社会人になっても続けている方もたくさんいます!

 普通、部活やサークルにいて接する大人といえばOBやOG、コーチなどの関係者に限られてしまうことが多いのではないでしょうか?

 ラクロスでは、社会人のクラブチームと合同練習をしたり、リーグ戦等の運営で社会人の方と仕事をしたり交流したりする機会がよくあります。

 こうした方たちがどんな仕事をして、どんな生き方をしているのかお話を聞くのもいいのではないのでしょうか?

 ③ラクロスは就活に強い(らしい)

 ラクロスは日本での歴史が浅いため、十分な活動環境が得られる大学は未だ少数に絞られます。

 私のチームでも、土のグラウンドはあっても頻繁に使える人工芝グラウンドはない状態です。

 また、HCがいないに等しく、せいぜいたまに遊びに来てくれるOBさんがいる程度です。

 つまり、チームの戦略や運営を担当する「社会人」が不在のため、4年生を中心に自分たちで考え、決定しなければなりません。

 リーグ戦での戦い方はこうしよう。そのためにはこのような練習がどれくらい必要だ。練習試合や合同練習の相手も探さなければ。合宿をするのに旅行会社と交渉しよう。

 自分で自分のマネジメントをしていくのもラクロスの特徴の一つかなと私は感じます。

 こうした状況のためか、就活で企業側には「自分で企画立案でき、実行できる人物」という印象を与えることが多い、という話をOBさんから聞いたことがあります。

 実際、ラクロスなどのマイナースポーツ出身者は多くの企業が好んで採用しているとのこと。(詳しくは下のリンクの記事でど
うぞ)

「アメフト、ラクロスが就職に強いワケ」はコチラから!

 私は、大学で新しいスポーツを始めて様々な出会いや経験をすることができました。

 人とのつながりって、社会に出た時に避けては通れないコトだし、なにより自分を幸せにする強力な武器になる。

 この経験を学生のうちにできるのは実はとても有意義なことなのかな?なんて思ったりします(笑)

 とはいえ、ラクロスがどんなスポーツなのかわからないことには始めようと思う人もいないでしょう。そこで、以下の記事で男子ラクロスがどのようなスポーツなのか紹介しました。こちらもぜひ見てみてください!/div>

 

 
→これが「男子ラクロス」だ!Part1
→これが「男子ラクロス」だ!part2

スポンサーリンク
ABOUT ME
はるたぬき
大学でラクロスを始め、京大大学院に進学を決めたたぬき。「面白きことは良きことなり」を合言葉に、今日も卒業研究に熱中している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です