大学院・大学

【院試】大学院入試の志望理由書の書き方をまとめたよ!【必見】

大学院入試ではほぼ確実に「志望理由書」というものを提出することになります。

 

その名の通り、大学院を志望した理由や院で実現したいことなどを書かせる書類です。
 

「自分の中でなんとなく行きたい理由はわかるんだけど言葉にするのがちょっと…」となりがちな代物。
 

はるたぬき
はるたぬき
受ける大学院も研究室も決まった!でも、志望理由書どう書けばいいかわかんないよ…

 

僕もそこで悩みました。言葉にしようと昼も夜も考えたけれど言葉にならず、終いにはこの研究室本当は行きたくないんじゃね…?と疑心暗鬼になってしまうくらいでした。(笑)
 

スポンサーリンク

そこで考えたのは、大学院側が志望理由書を読んで何がしたいのか?ということでした。
 

なぜ大学院は志望理由書の提出を求めるのか

 

院試は主に英語の試験や筆記試験や面接(口頭試問)などから構成されています。
 

英語や筆記(専門)は、研究に必要な知識とかを聞いてくるだろうからまあ勉強しようぜ!という話。
 

では面接では何が問われているのか?それはズバリ、「受験者の人柄」
 

「この受験者は本当にうちの大学院に進学したいのかな?」
 

「この受験者には研究を進めるだけの基礎はあるのかな?」
 

「やる気はありそうだけど、扱いたい研究テーマはうちのと合ってるのかな?」
 

要するに、就活と一緒ですね。短い時間の中で、目の前の学生が未来の同僚としてふさわしいかどうかを見たいのだと。
 

具体的には、受験者が本当にやる気や研究の素地があるのか、あるいはその研究室でしていることとニーズがマッチしているのか問われます。
 

つまり、志望理由書では、受験者のココが知りたい!というわけ。
 

 
①研究室を志望したきっかけや理由(どうしてこの大学院に入学したいの?)
 

②自分自身の問題意識や目的意識(あなたが解決したい問題はなんですか?
 

③入学後の希望(あなたの問題を解決するためにどんな勉強や授業、方法を実践しますか?)
 

④修了後の進路(あなたの問題を解決するために、大学院を修了後どのような職業に就くことを考えていますか?)
 

 

ミケ
ミケ
具体的に何を書けばいいのか見ていくにゃ~

 

①研究室を志望したきっかけや理由

 

前提として、大学院は「研究」する場所であり「勉強」するところではありません。
 

高校や大学までなら、教科書に書かれたことを理解してテストである程度成績を残せれば「優秀」と認められてきました。
 

学生に求められることは、「教科書や先生の言ったことを十分に理解すること」だったからです。
 

一方で、学校教育法第99条には、大学院の存在意義はこう位置付けられています。
 

 
大学院は、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究め、または高度の専門性が求めらえる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与することを目的とする。
 

学校教育法 第99条第1項

 

難しい言葉だらけですが、要するに大学院の目的は「研究者や知識豊富な専門家を輩出する」こと、と言えるでしょう。
 

多くの大学院では、修了する条件として学位論文の提出を設定しています。
 

学位論文とは、修士課程、もしくは博士課程で「私はこんなにも優れた研究をして新しいことを発見しました!」とアピールするための論文です。
 

この論文を受理されて初めて大学院を修了(卒業)することができます。
 

言い換えれば、いくら授業でよい成績を収めても、学位論文がダメダメならば卒業できないということ。
 

しかも、「研究=今までにない新しい発見を発表すること」ですから、研究の教科書なんてものはありません。
 

教科書に新しいページを付け加える作業、と言った方がいいでしょうか。
 

当然ですよね。新しいことを発見するのに、方法論なんてあるわけがないんです。

 

自ら問いを立て、自分でいばらの道を切り開き、この世界の真相をちょっとばかし明らかにする作業。それが研究です。

 

おそらく、想像を絶する困難な作業です。立てた問いに答えがあるかもしれないし、ないかもしれない。
 

投げ出してしまいたくなる自分の支えになるのは、やはり研究を始めた「モチベーション」なのでしょう。

 

「なんとしてでも成し遂げたいことなんだ!」というモチベーションこそが自分自身が大学院に進学したいと考えた真の理由になりえるでしょう!

 

「○○という現象があるけれど、この原因についてわからないのはどうしてだろう」「△△という課題を克服するためには新しい技術を開発するといいのではないか」

 

研究を通して、自分の中の疑問や不満を解決したい!この課題は学問的にも研究する価値があるんだ!

 

大学院は、与えられた課題ではなく自分から提唱した課題を「研究」することで解決しようとする場です。自分の心の底に、「どんな新しいものを発信したいか」と問うてみてください。

 

答えに正解もないし、最短ルートがあるとは限らず、考えるほどにわからなくなることもあるでしょう。

 

はるたぬき
はるたぬき
自分なりの「答え」を得られれば、大学院に合格する以上の価値を手にしたということ!

 

②自分自身の問題意識や目的意識

 
自分の問いや不満がはっきりとされれば、次は具体的にどう解決したいのか、あるいは解決のビジョンを記述しましょう!
 

スポンサーリンク
「どうやって解決したいのか?」を記述するのは、自分の考えが研究室の方針に沿ったものであるかどうかを判定するためです。

 

例えば、研究室で行っている研究はAという観点に立っているとします。でも、自分がBという観点から解決したい!と考えている。

 

教授がBについて専門外であったり、Bから研究を進めるのに必要な装置や施設がそろっていないとすれば、あなたがその研究室で研究することは難しいと言えるでしょう。

 

言葉にすると簡単なことのように聞こえますが、実は結構こうしたミスマッチが起きていることが多い、と大学院の先輩に聞いたことがあります。

 

自らの問題意識は自分の中から湧いてきたもの。まずは、自分の問題意識と研究室の方針が合っているか?を研究室訪問の時に確認しましょう。

 

ミケ
ミケ
志望理由書では、問題意識や研究の目的意識を自分の言葉で記述するのが鉄則だにゃ~!

 

③入学後の希望

大学院は研究する場所、と言いましたが、取らなければならない授業がいくつかあります。

修士課程では30単位以上、博士後期では修士で取った分にさらに10単位(40単位以上)を取得しなければなりません。(内訳は大学院ごとで違うので必ずHP等で確認を‼)

 

まあ研究するためには座学で得る知識も必要になってくるということです。

 

そこで自分の研究にどんな授業や知識、さらにはゼミが必要なのか、ということはあらかじめ確認しておきましょう。

 

はるたぬき
はるたぬき
試験官に、自分の所の大学院の特徴を理解している受験生だね!って思ってもらえるようにしよう!

 

④修了後の進路

 
大学院を修了した後、自分がどんな職業に就きたいかイメージはありますか?
 

例えば、専攻が工学ならば、自ら立てた問題をさらに解決するために就職して実践する、といった方法もあると思います。

 

また、修士だけではなく博士後期に進学してさらに研究を深める、という選択肢も考えられるでしょう。

 

どういう進路が自分の問題意識に沿っているのか、ということは一度考えてみるといいと思います。

 

一度書いてみて添削してもらおう!

 
以上の事柄について、指定された字数以内でまとめられれば自分だけの志望理由書の完成です!
 

でも、この作業は実は結構時間のかかる作業なんです(;^_^A なぜなら、自分の問題意識というのはなんとなく感じている、という状態から具体的な言葉で記述する、という変換作業が難しいからです。

 

就活で言う「自己分析」みたいなところでしょうか。自分の興味、性格、不満などなど、自分ととことん向き合って行く必要があります。

 

ただし、自己分析ばかりしていると一向に志望理由書が完成しないので、現状で分かっていることだけでいいので書いてみることをお勧めします。

 

そして、一度出来上がったら友人や研究室の指導教員、大学の進路関係の相談に乗ってくれるところで文章を読んでもらいましょう。

 

いろんな人に読んでもらうことで、文章の中で分かりづらい表現や自己分析が足りないところがあぶりだせますよ♪

 

ちなみに、僕の場合は早々に大企業に就職を決めた友人や先輩数人に読んでもらい、フィードバックを受けました。

 

はるたぬき
はるたぬき
とにかくまずは文章という形にして、それから考えるというスタイルの方がずっと効率的だよ!

 

 
p.s 文章の書き方をもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!

スポンサーリンク
ABOUT ME
はるたぬき
大学でラクロスを始め、京大大学院に進学を決めたたぬき。「面白きことは良きことなり」を合言葉に、今日も卒業研究に熱中している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です