ライフ

孤独を感じるのは当たり前!?人は1人の時こそ強くなる

孤独と戦うんじゃない、受け入れるの。

 
なんかブ〇ゾン〇えみみたいなタイトルになってしまいました(笑)
 
人間は社会的な生き物、とはよく言われますが、時には一人になる、孤独になる時間も必要です。
 
それは、他人とのつながりを断ち切った状態で自分と正面から向き合う時間なのかもしれません。

孤独=悪いこと、ではなくない?

「孤独」という言葉にはあまり良い印象がないのも事実。孤独=一人ぼっち、友達がいないとか、そんなイメージが頭によぎりがちですよね。
 
僕もかなり内向的な性格なので、集団の中では話を聞いていることが多いし、自分から積極的に話を切り出すことがあまりありません。
 
別に友人と一緒にご飯食べに行ったり話をするのが嫌いなわけではなく、他の人の話を聞いてたいだけなんです。話したいことがあれば自分からしゃべるしね。
 
そのせいか、ラクロス部の同期や先輩から「お前学科で友達いないだろ(笑)」みたいなことを言われることがある。
 
はっきり申し上げますと、友達いてもいなくても別に関係なくね?という話。
 
確かに一人で行動することが多い人は他人の力を借りれずに損することが多い、と思われることが多いように思います。でも、その人はおそらく自分の中でするべきことが完結しているから、それはそれでいいんじゃないかな。
 
すなわち、自分で自分の行動や思考のマネジメントがしやすい。だから、一人でいても別に困ることがないんじゃないかと思うのです。
 
なんというか、情報を仕入れたり、自分なりに意見を組み立てたりする方法が洗練されている。
 
もちろん、そういう人だって自分の外から情報を仕入れたり、どうしても他人の協力が必要なシーンはあります。
 
そういった時は甘んじて他人に協力を仰いで、自分の仕事をよりよいものにしていくんですよね。僕の学科だと、そういうソロプレーヤーが結構多いのかなという印象があります。
 

スポンサーリンク

スマホの奴隷

だから人類皆ボッチになればいいというつもりはありません。(笑)
 
もちろん、グループで常に行動する方が向いている人だって多いし、それを否定するわけではないです。
 
ただ、ここで言いたいのは、自分の感情や行動を冷静に見つめなおす時間も必要だよね、ということ。
 
例えば、みんなが持っているだろうスマホ。暇なときによくスマホでゲームしたりSNS眺めてたりとかよくすると思います。
 
特に、Twitterやインスタ、FaceBookは誰かが書いたことが24時間見れる。便利といえば便利だけど、それを1日中見ているということは1日中人のつながりの中にいることになります。
 
TwitterのTLとかだと特にそうなんですけど、ツイートの中にはすごくネガティブな発言が混じってたりしますよね?あとマンガやアプリの広告とか。
 
僕の場合、そういうものを目にしていると気分が落ち込んできたり、やろうと意気込んでたことがだんだんやる気無くすみたいな現象が起きることがある。無意識のうちにそういったツイートが頭の中で反芻されていることがあるなあと思うんです。
 
結果としてやりたくないなーとか明日やればいいや(といって絶対にやらない)とか思いがちになる。
 
スマホでシャ〇バとかやる友人多いのですが、そうしている時間に課題進めたり試験勉強すればいいのに、とよく思います。
 
実際、よく単位を落とすやつのほとんどは授業中や試験直前もゲームやってて、みたいな人がどれだけ多いことか!
 
僕も含めて、こういった「スマホの奴隷」にはなりたくないなとつくづく思います(笑)
 

スポンサーリンク

自分の部屋がセーブポイント

長くなりましたが、要するにスマホで遊んでいる時間減らして「自分と向き合う時間」に使ったら?というのが僕の提案です。
 
こう考えたのは、ストレスがたまったり、落ち込んだ時に周囲からの雑音が大きいと余計に自分がどうするべきなのか見えなくなってくると思うからです。
 
僕もストレスがたまった時は部屋で一人静かにしているのがお気に入りです。そこには、ミスしてブチ切れるチームメイトも、難癖をつけてくるバイト先の客もいませんからね(笑)
 
最初は「俺は悪くねえ、悪いのは相手の方だ」と擦り切れた考えに固執しがちなんですけど、部屋で一人静かにしているうちに、許せるようになるんですよね。不思議なことに。
 
集団の中にいて気を使って疲れたり、ラクロスや課題がどうにもいかなくたったときも一人になるようにしています。
 
もちろん、家ではスマホを見るのは最小限にしています。Lineやメールでの重要な連絡以外は絶対に見ません。
 
僕の場合、これくらい外界からの情報をシャットダウンして、自分と向き合う時間がないとすぐに疲れて行動力が下がってしまうと感じています。

孤独であることを受け入れる

タイトルの「孤独」の話に戻ると、「孤独」な人って自分の世界が確立していて、人付き合いとか余計な気づかいをする必要がないからその点楽だなと思う。
 
不要になった労力を本当にしたいことに集中できるから、楽しいしその方が精神上いいに決まってる。
 
もちろん、孤独を極めすぎて他人を排除してしまうと、逆に自分が実現できることの幅が小さくなってしまうので、それはそれで考え物。
 
なので、僕の今の所の結論は、「友達との付き合いもそこそこするけど、一人でいる時間を大切にしよう」ということ。
 
スマホでネットサーフィンするのもいいけど、家で一人でいる時間くらいは自分の心、体と正面から向き合う。そして、次にどうするべきなのか、何をしたいのかということを自分自身で判断できるようにしていくのがいいと思いました。
 
時にはあえて孤独な状況を受け入れる。そうすることで、外野からの雑音を排除できる。そうした環境でいったん落ち着いてから一計案じる方が得策な気がしますよ(^^♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
ABOUT ME
はるたぬき
大学でラクロスを始め、京大大学院に進学を決めたたぬき。「面白きことは良きことなり」を合言葉に、今日も卒業研究に熱中している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です