ライフ

ラクロスでも勉強でも、自分にとっての「面白いこと」を毎日したい!

 

毎日が面白いことでいっぱい。そんな人生なら、退屈している暇もなさそうな気がする。

スポンサーリンク

面白いとは何だろうね?

 

僕がラクロスや勉強をやっているうちにどんなことが「面白い」のかな?と考えていたら思いついたことです。

 

シュートをセーブしたとき、電磁気の問題が融けた時、ポプテピピ〇クを見たときetc…

 

皆さんそれぞれ「これめっちゃ面白い!」という経験はしたことがあるはず。

 

じゃあそれってどんな時だろう、と考えた結果、僕にとって「面白い」は「変化があること」と言い換えられることに気付きました。

 

例えば、放送開始したばかりのアニメのOPを初めて聞いたとき。

 

好きなアニメのOPを聞くと、そのアニメを観ているときの興奮がよみがえってきて気持ちがわくわくしてくるんです笑。

 

ただ、半年も同じ曲ばかり聞いているとだんだんその曲を聴いてもあまりテンション上がらなくなってくる。

 

つまり、変化に伴って新鮮なものに出会い、心がワクワクしてくる。これが僕にとっての「面白い」ことです!

 

これって、アニメだけじゃなくて色々なことに言えるんですね!

 

ラクロスで、上手いシューターに見たことない打ち方・タイミングでシュートを決められた時。

 

後輩たちがすごく技術的に、戦術的に成長していると実感したとき。

 

力学の問題を、ニュートンの運動方程式とラグランジアンを使った方法どちらでも解けると実感したとき。

 

言い出したらきりがないですが、結果とか関係なく面白い!ということはたくさんあるのです。

 

そして、どうやったら次できるようになるかな?とか、どうやったら後輩を上達させられるか?とか考えるのもこれまた面白い。

 

変化を見たら、自分でもまた変化を作り出してさらに面白くしてやりたいんです!

 

視点の切り替え、思考の切り替え

 

逆に僕の場合、いつもやることが決まっている今のバイトはどうしても「つまらない」と思ってしまうときが出てきてしまう。

 

これは困ったことですね。人生の内の幾分かを「つまらない」ことにコミットしてしまっているのですから。

 

であれば、「つまらないこと」の中に「面白いこと」を見出せばいいじゃん!というのが僕なりの答えでした。

 

先述のバイトであれば、なぜ変化がないのか、というところを考えてみる。

 

例えば、業務の中に接客をしつつ洗い物をする、という仕事があります。

 

洗い物の量が多いからシンクで洗っていないといけない。でも、お客さんを待たせてはいけない、という面倒そうな業務です。

 

僕も、最初の内は毎日シンクと客の対応を往復してばかりでつまらないなーと感じておりました。

 

客が来た!と思って急いで洗い物を切り上げたところ、気配がなかった笑みたいなこともよくありました。

 

しかし、ある日思いついたのは、この動きはラクロスに役立つのではないか?ということ!

シンクで洗い物をしまくっている時でも、ホールの方を見てお客さんが並んでいないか首振り確認できるんですね。

 

これって、DFが自分のマーカーを見つつ他のDFのマーカーをケアする動きの練習になるじゃん!ということに気付きました(笑)

 

しかも、これを繰り返していると、客がレジに並ぶかどうかの判断の精度が上がってきて、洗い物を効率的に進められるようになる。

 

こうした視点の切り替えにより、バイト中でもゲーム感覚で「面白い!」と思えることもあるんだなーと。(語弊を恐れずに言えば)

 

一見つまらないことでも、見方を変えたら自分の好きなこととして捉えられるかもしれない。

 

毎日面白いことを見つける!

 

以上のように、自分が面白いと思えることって実はそこら中に落ちているはずなんですね。

 

それがグラブルだろうと、OBG訪問だろうと、筋トレだろうと笑。

 

元から好きなことはそのまま継続してもいいし、つまらないことでも考え次第で面白くできる可能性は大ありです!

 

ただ、どうしても自分には面白いと感じることができないこともあるかもしれません。人間である以上、誰にだってそういうことはあるはず。

 

それって、自分の中で「やる価値がない」と確信していたり、面白いことの定義から外れてしまうことかもしれないですね。

 

そういうものはいったん距離を取って冷静になってみましょう。もしも、本当に「好きにはなれない」と思ったら逃げてしまえばいいんですから。

 

時間が経って、考え方が変わってまた面白く感じられるようになるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 

でも、一番大事なのは、自分が今心底面白いと思うことをできている!という実感を得ることでしょう。

 

焦らず、小さなところから行動していけばいいと思います。

以上、はるたんでした!
スポンサーリンク
ABOUT ME
はるたぬき
大学でラクロスを始め、京大大学院に進学を決めたたぬき。「面白きことは良きことなり」を合言葉に、今日も卒業研究に熱中している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です